出会いアプリで確実にセックスできる方法を伝授します

50代、60代でも出会い系アプリで300人とセックス!おすすめアプリと攻略法

出会い系体験談 割り切り 援デリ 業者 出会い系アプリ体験談全記事一覧

出会いアプリの詐欺サイト判別方法!登録してしまった時の対処法

更新日:

「出会いアプリって悪質なサイトばかりじゃないの?」
「出会いアプリで被害にあった場合どうすればいい?」
この記事はそういう人向けに書いています。

出会いアプリで発生しうる詐欺行為について紹介していくわ!対策も紹介してるから必見よ!

出会いアプリで直面しやすい危険と詐欺の手口!

異性と出会うためのツールとして、出会いアプリや婚活アプリなどに登録すると思います。

しかし、優良サイトだといわれている側面、サイトに登録して相手と長い子とやり取りしたとしても、会えなかったりします。
中には、会って宗教勧誘をされたり、高額な商品を買わされたりもします。

騙されていると感じた場合、どのような対処をすればよいのでしょうか。

今回は、出会いアプリを利用していて直面する危険と詐欺の手口について紹介します。

詐欺の手口

1.サイト上だけで騙す

2.会ってから相手を騙す

手口は、大きく分けるとこの2パターンになります。

それぞれどういうケースが考えられるのかを解説します。

会わずにサイト上で詐欺行為を行うパターン

出会いアプリは、会う前にサイト上でコミュニケーションをとってから会うパターンが主流です。
気に入った女性と実際に会えるまで仲良くなり、会うというパターンが主流です。

しかし、悪質な業者は最初から男性を騙す目的で登録している人も多いです。

会わずに詐欺行為を行う業者の手口としては、下記の2パターンがあります。

サクラサイトへの勧誘

まず挙げられるのが、サクラサイトへの勧誘です。

出会いアプリから、別サイトへと遷移させそこでメッセージをさせるというものです。
もちろん、そこに登録しているのはサクラしかいないので、会うことはできません。

目的は、高額なポイントを請求してお金をだまし取ることです。

会う前提で話が進むものの、相手がサクラなので一向に会えません。

実際に会おうとしても、相手にあらゆる理由で断られてしまい、結局ポイントを消費するだけになってしまうのです。

悪質なサイトに登録させるというパターンもありますが、ビジネス勧誘をしてくる業者も存在します。

下記は、実際に出会いアプリでやり取りをしている人とライン交換をして、きたメッセージになります。

2通目でライン交換の話が出たので、怪しいと思っていましたが交換してみると案の定勧誘でした。

実際に、サイトに飛んでみると下記の内容でした。

副業を推進する勧誘業者であり、ビジネスを一緒にしないかという旨のサイトでした。
概要を見てみると、インスタに写真を投稿するだけでお金がもらえるというものです。

怪しい勧誘であることに変わりはありませんし、相手にしている分無駄です。

最終的には、ライン@に登録を促されるだけのサイトでした。

もちろん出会いはありませんし、怪しいビジネスということに変わりはありませんから、登録する分無駄です。

出会いアプリには、こういう影も潜んでいるので、注意しましょう。

キャッシュバッカー

次に、業者と同等の数存在すると言われているのが、キャッシュバッカーです。

キャッシュバッカーとは、女性が男性とやり取り等をすることによって、ポイントがキャッシュバックするというものです。

このキャッシュバックシステムのみを利用した女性のことを、キャッシュバッカーと呼びます。

上記は、ワクワクメールのキャッシュバックシステムです。

メールに返信をすると、3マイルキャッシュバックします。
このマイルは、1000マイルたまると交換可能です。

現金還元はできませんが、ギフト券やプリカ等と交換することが可能です。

女性登録者の中には、ポイントを稼ぐだけの目的で登録しています。

そのため、メッセージをする際は、会うことを匂わせつつ相手に変身を促してメッセージをしようとします。

もちろん、会う気は一切ないので、やり取りを長引かせてポイントを貯めていきます。

キャッシュバッカーの特徴は、無駄にメッセージを長引かせます。
メールの返信も短文であり、会う約束をしても予定があることを理由に会わないというのがキャッシュバッカーです。

キャッシュバッカーは、違法性はありませんが、サイト運営からすると厄介な存在です。
そのため、相手がキャッシュバッカーだとわかったら即ブロックすることが重要です。

会ってから相手を騙す

素人の女性とメッセージをして、女性と会う約束をすることができたとします。
しかし、実際に会ってからでも詐欺行為をされる可能性もあるのです。

一度顔合わせをして、相手を騙そうとするパターンです。
また、セックスなどをして既成事実を作り、詐欺行為に持ち込むという業者も存在します。

そこで、会ってから相手をだます手口を紹介します。

美人局

男性に会ってから、考えられる詐欺行為として挙げられるのは美人局です。

美人局は、現在ではその数も減少傾向にありますが、未だに行っているグループも存在します。

美人局とは、恐喝目的で男性に近づき既成事実を作って金銭要求をするというものです。

具体的な手口として、まず出会いアプリ上で仲良くなって会う約束をします。

そして、実際に会って話していると彼氏役・旦那役の男から話しかけられて恐喝されてしまうというものです。

「不倫してる」「浮気してる」ということを理由に、恐喝されるというものです。

中には、セックスをして既成事実を作った後に、逃げ場をなくして恐喝するというパターンもあります。

もちろん、恐喝をしている相手側が問題であり、犯罪なので一切罪はありません。

しかし、状況によっては被害者が不利になるパターンもあります。

それは、相手が未成年だった場合です。
出会いアプリには、年齢認証があるので未成年は一切登録できません。

無料の出会いアプリなどは、年齢認証がないので未成年でも簡単に登録できます。

相手が未成年だと知らない場合でも、肉体関係を結んだ時点で犯罪です。
そして、それを弱みに恐喝されるパターンも多いのです。

美人局は、自分が不利な状況を作り出し、相手を納得させて金銭支払いを要求することが多いです。

しかし、いくら不利な状況とはいっても支払いをする必要はありません。

宗教勧誘、マルチ勧誘

出会いを目的にしているユーザーの中には、宗教勧誘やマルチ勧誘を行ってくる業者も存在します。
グループ単位で行っているケースが多く、契約させることを目的に出会いアプリに登録しています。

流れは下記になります。

誘う手順

1.出会いアプリで男性に近づき仲良くなる

2.会う約束をして男性と会う

3.カフェなどで話をする

4.契約や入信の手続きをさせる

会うまでは手慣れた手口で近づいてくるので、要注意です。

れに、会う際は1対1で近づいてこないというのも特徴で、勧誘に慣れた担当者を連れてくる可能性があります。

この様な勧誘目的の人の特徴は下記のとおりです。

プロフィールに「恋愛目的ではない」と記載している

夢の話が多い

パーティーに誘う

自由業を装っている

これらの表記がある人は、間違いなく勧誘業者なので注意しましょう。
出会いアプリに登録している以上、恋愛関係に発展することは当たり前です。

しかし、それを断っている時点で怪しいです。

ワクワクメールで見つけた、勧誘業者っぽい人のプロフィールです。

「恋愛目的ではなく、定期的に会える方」というものですね。

プロフィールの時点でかなり異端なので、近づかないことが一番です。
仮にこのような女性に遭遇した場合は、その場を離れるようにしましょう。

セールストークに耳を貸してしまうと、勧誘させられて契約や入信を勧められてしまいます。

デート商法、結婚詐欺

デート商法は、一昔前に流行った出会いアプリで最も主流だった詐欺行為です。

美人局同様に、その数は減少していますが、完全に被害が減ったわけではありません。

デート商法とは、実際に出会いアプリなどを使って男性と会って、仲良くなった段階でアクセサリーや金品の購入を要求して買わされるという詐欺です。

中には、グループ単位で行っている業者もいて、安いブランド品を高級ブランド品と紹介して買わせるという手口もあります。

しかし、買わされたら最後音信不通になってしまうのが目に見えています。

デート商法似ているのが、結婚詐欺になります。

結婚詐欺は、相手に結婚をほのめかして、お金をだまし取るというシンプルな詐欺の手口です。

流れは様々ですが、出会って女性から頻繁にアプローチを受けます。
男性が結婚を意識した時点で、急に結婚の熱が冷めるというものです。

そのことについて言及すると、「お金がないから」という理由で結婚を断られてしまいます。
考慮して、お金を貸したところで詐欺が成立します。

だまし取られてしまい、そのまま音信不通になってしまうというものです。

いずれも、悪質な詐欺行為に変わりないので皆さんも注意しましょう。

悪質な出会いアプリの見分け方5選

現在、出会いアプリは非常に多く存在しますが、どのサイトが優良でどのサイトが悪質なのかという基準はわかりませんよね。

そこで、実際に僕が検証して悪質な出会いアプリの基準を考えてみました。

サイトによって異なりますが、4つの基準に一つでも該当するようなサイトがあれば、悪質なサイト確定なので、登録は控えましょう。

悪質なサイトに登録しないことが、詐欺被害に遭わないための一番の対策になります。

高額料金を支払わせるサイト

悪質なサイトの特徴として挙げられるのは、高額料金を支払わせるということです。

優良サイトの目安ですが、メッセージ1通当たり50円で送ることができます。

下記は、PCMAXの料金表ですが、非常に良心的です。

優良サイトの平均相場は、大体この様な料金設定です。
中には、無料で利用できるものも存在します。

しかし、悪質な出会いアプリは非常に悪質な料金設定になっています。

このサイトは、人妻との出会いに特化した出会いアプリです。
メール送信は、250円と非常に高額。

電話番号を添付すると、5000円もかかってしまいます。

これで出会えるならまだしも、サイトを見てみるとサクラしかいませんでした。

従量課金制で、ここまでポイントが高いのは詐欺サイト確定です。

基本的には、前払いサイトが多いですが、中には後払いのサイトもあります。
サイトを利用した後に、概算を出されて料金を請求されるものです。

悪質なサイトは、料金設定が高いので法外な料金を請求されてしまいます。

基本的には、こういうサイトは架空請求なので支払い義務はありませんが、最速をされてしまうと思わず支払ってしまう人も多いです。

無料の出会いアプリ

出会いアプリの中には、完全無料の出会いアプリがあります。

無料で出会えるならお得じゃない?

確かに、出会えるならお得ですが、無料の出会いアプリは一切出会うことはできません。

完全無料の出会いアプリは、番号認証なども一切存在せず、誰でも登録することができるサイトです。

もちろん、未成年も存在しますし、悪質なサイトであることに変わりはありません。
何より、サクラや業者が頻発しているサイトなので、登録しても出会いにつながることはないでしょう。

実際に、「出会いアプリ 無料」で検索した2サイトに登録してみました。

見た感じ普通の掲示板であり、優良サイトに真似ている感じの画面です。

しかし、女性を探して、メッセージを送ろうとすると別の画面に遷移してしまいます。

チャットを開始するというボタンを押すと、別のアプリに遷移させられ登録を促されてしまいます。

広告を踏んだ可能性があるので、改めて別の女性を検索しましたが結果は同じでした。

無料のサイトは、このように他のサイトに登録することを目的としているので、会うことはまずできません。

アプリによっては、登録の時点で法外な料金を請求されることもあります。
サクラだらけで会うこともできないので、無料のサイトに登録するのはやめたほうがよさそうです。

インターネット異性紹介事業の届け出が未認可

出会いアプリを運営するには、出会いアプリ規制法にのっとりインターネット異性紹介事業の届出を近くの公安委員会に提出することが義務付けられています。

提出しない場合は、運営することもできませんし、利用することもできなくなります。

しかし、悪質な出会いアプリは当然届出を出していません。

悪質なサイトだと思われる、出会いアプリを調べてみました。

「ガールズマップ」という出会いアプリが表示されましたが、会社概要を見ると体制が整っている出会いアプリのように見えました。

しかし、確認したところ異性紹介事業の届出は一切ありませんでした。
所在地を検索してみると、現在その場所はテナント募集されていました。

架空の住所ではありませんでしたが、サイト構成がテキトーだということがわかります。
また、株式会社レインボーというサイトも存在しませんでしたし、実態は不明です。

会社情報が記載されている際は、会社名と住所を検索してみると良いでしょう。

管理されていないようなビル等を住所に設定していることもあるので、要注意です。

また、異性紹介事業の届け出を出していないサイトは悪質サイトです。

優良出会いアプリハッピーメールでは、このように認可されています。

この届出がないサイトは、間違いなく詐欺サイトなので登録しないことをお勧めします。

退会できない

悪質な出会いアプリは、退会することができないシステムになっています。

退会期限を引き延ばしたり、別サイトへの登録を促したりします。

仮に、悪質なサイトに引っかかりたくないというときは、問い合わせなどで退会ができるかどうか事前に調べてから登録しましょう。

当サイトで紹介している出会いアプリは、優良サイトばかりなので全て退会可能です。

悪質なサイトに限って退会できないサイトが多いので、注意したほうがよさそうです。

悪質なサイトに登録した場合はどうなる?

出会いアプリには、様々なサイトが存在しますが、無料サイトは特に悪質です。

サイトによって異なりますが、悪質なサイトは登録するだけで様々なトラブルに発展することが考えられます。

中でも、発生しうるトラブルは下記の通りです。

迷惑メールが届く

サクラと業者しかいない

登録したとしても、メリットはありませんし、デメリットしかないので登録しないことをオススメします。

迷惑メールが届く

まず、悪質なサイトに登録して最初に受ける洗礼は、迷惑メールが届くというものです。

実際に、一度無料の出会いアプリだと思われるところに登録をして様子を見てみることにしました。

するとメールボックスは、迷惑メールで溢れていたのです。

登録する前は、普通のメルマガ等が届いていましたが、登録した途端届き始めたので、悪質なサイトということがわかります。

また、登録したサイトとは異なりますが、フィールラブというサイトからメッセージが来ています。

悪質なサイトに登録するとありがちですが、自分が登録したサイトとは別のサイトに勝手に登録させられるケースがあります。

この場合は、対処することができないので、注意しましょう。

登録してしまったら最後、迷惑メールの嵐になります。

私は、優良出会いアプリでも念のためにサブアドレスで登録するようにしています。
メインアドレスで登録すると、大事なメッセージが埋もれることがあるからです。

仮に、出会いアプリに登録するということがあれば、念のためにサブアドレスで登録することをオススメします。

被害にあった場合の対処法

無料の出会いアプリは危険だという話をしましたが、優良出会いアプリでも詐欺被害に遭わないというわけではありません。
仲良くなった相手が実は詐欺グループの一員で、詐欺行為に遭うする可能性も大いに考えられるのです。

相手に会ったときは、純粋な出会い目的なのか詐欺目的なのか不明な部分があります。

「自分は騙されているかもしれない」と感じた場合、迅速に対処することが重要です。

「出会いアプリ=やましいことをしている」という認識で利用している人も多く、中には周りに相談することも警察に相談することもできずに、泣き寝入りするというパターンも考えられます。

今回は、そういう人のために、詐欺行為に遭った場合はどのような対処をすればいいのかということを説明します。

被害にあったサイトの資料を用意する

被害に遭った場合は、公的機関に相談することで被害を解消することができます。
しかし、相談してすぐに解決するわけではなく、様々な手順を踏まなければなりません。

そこで、重要なのが、被害にあったサイトの資料を用意するということです。
出会いアプリで被害にあった場合は、事細かく詐欺の詳細を公的機関に求められることがあるので、様々な情報を用意する必要があります。

被害に遭ったサイト名、URL

やり取りした経歴(プロフィール、メッセージ)

実際にやり取りしたスクショ

被害の経緯を示したメモ帳(手書き、パソコンでも可)

サイトの運営者情報(会社概要、住所等)

相談の際に、これらの情報が揃っていると、スムーズに行きます。
上記は、あくまでも僕が推測した必要最小限の情報です。

実際に、詐欺行為に遭遇したら必要となる情報が異なるので、その場面に合わせた証拠を用意する必要があります。
詐欺行為に関する情報は、多ければ多いほど便利です。

消費者生活センターや最寄りの警察署に相談

一通りの詐欺被害に関する資料が揃ったら、次は「消費者生活センター」「警察署」等の公的機関に相談しましょう。

いずれも無料で相談することができるので、被害に遭った時は一番頼りたい機関です。

詐欺被害に関してのプロが集まっているので、専門知識を有している人が、相談に乗ってくれます。

現在、消費者生活センターの公式HPでは、これまでに起きた詐欺被害や相談の判例等が詳しく記載されており、相談する前に目を通しておくと非常に参考になります。

資料を参考に、上記の公的機関に相談すると、悪質な詐欺行為かどうかの判定をしてくれます。
そして、解決のために助言や情報提供などを行ってくれます。

そのため、資料がそろった段階では、まず情報を集めて相談することをオススメします。

被害届を出す

公的機関に相談して、詐欺行為という確証が付くと、被害届を出すことが可能です。
判断は、本人に仰がれるので、悪質だと思った場合は被害届を出しましょう。

現在では、全国の警察署で被害届を提出することが可能なので、相談も警察署で行うとスムーズです。

被害届を出す前提で話を進めれば、警察官が詐欺被害の相談に乗りながら、被害届を記入してくれます。
個人情報等の必要項目は、本人が記入しなければならない場合もありますが、基本的には警察官に任せると良いでしょう。

被害届を提出する手順は下記のとおりです。

1.詐欺被害にあった経緯を説明(日時、場所、サイト名等)

2.被害届を作成し内容に間違いがなければサイン

3.個人情報を明記して同意をすれば受理

被害届を出す際は、事前に調べた情報などが重要になってくるので、最初の資料作成の段階で念入りに行えば、基本的に受理されます。

しかし、明確な証拠がない場合は受理されない可能性もあるので注意が必要です。
内容不十分として、相談のみで終わらないように、事前に調べるようにしましょう。

詐欺被害で金銭支払いをした場合は?

被害届が受理されたとして、すぐに警察が捜査に移るというわけではありません。

警察の目的は、詐欺被害を行った業者などを逮捕することが目的なので、逮捕したからといってお金が戻ってくることはありません。

仮に、既にお金を払った状態で返還請求をしたいという場合は、公的機関である弁護士に相談する必要があります。

今回は、実際に弁護士に相談してどのように返還請求を行うのかという手順を紹介します。

支払い請求できる弁護士を探す

被害届を作成するために、公的機関に相談するというステップは前述しました。

その際に、消費者生活センターに相談することがありますが、被害届と同時に返還請求を推奨され、弁護士を紹介してくれるケースもあります。

消費者生活センターでは、様々なケースでの詐欺被害を解決に導いてくれるので、脅迫や架空請求などによって生じてしまった金銭問題を解決する弁護士を紹介します。

「弁護士は誰に依頼すればいいかわからない」という人もいますが、消費者生活センターに相談すればスムーズです。

しかし、弁護士は着手金や成功報酬などがあるので、金銭面で不安な人もいるでしょう。
その場合は、弁護士を依頼する際の金額が記載している法テラスを見てみると良いでしょう。

法テラスでは、条件がありますが、着手金や正攻法種の一部を立て替えてもらうことができるので、すぐに裁判を起こしたいという人には最適な弁護士事務所です。

弁護士を通じて支払い請求の交渉を行う

弁護士を紹介してもらったら、次は弁護士に依頼することを考えましょう。

弁護士に依頼すると、詐欺サイトや詐欺グループに対して返金請求や契約解除の交渉を行ってくれます。

仮に、相手の住所や個人名などの情報がわからなかったとしても、作成した資料の情報をもとに、弁護士が洗い出してくれます。
弁護士は、戸籍や住民票を取得することができる公的な機関なので、自分で用意することができなかったとしても、探してもらうことができます。

しかし、弁護士に依頼する場合は、依頼前に着手金として一部お金を支払う必要があります。

また、仮に詐欺被害を行ったグループに連絡が取れて、返還請求を行い返金された場合でも、弁護士の依頼費用や、成功報酬等が差し引かれてしまうので注意が必要です。

実際に手元に残るお金は、依頼費等を清算した後になります。

着手金に関してですが、仮に訴訟に失敗して返金できなかった場合でも、お金は返ってこないので注意しましょう。

弁護士事務所の中では、着手金が無料の場所もあるので、気になる人は探すことをオススメします。
しかし、その分成功報酬や依頼費用が高くなるというデメリットもあります。

訴訟を起こす

最終的にすべての情報がそろい、弁護士によって返還請求をした場合でも、詐欺グループや業者が応じない可能性もあります。
その場合は、訴訟を起こすことで問題を解決することができます。

訴訟を起こす場合は、別途費用が発生するので注意しましょう。

詐欺サイトや詐欺グループに訴訟を行う場合は、個人訴訟ではなく集団訴訟を行うケースもあるので、視野に入れておくことをオススメします。

集団訴訟とは、詐欺被害に遭った被害者が集まり訴訟を起こすというものです。
訴訟にかかるお金は一定なので、費用を分担することができたり、情報共有することができるので、解決への糸口になります。

デート商法等個人間のトラブルの場合は、被害を受けている人数がわからないので、集団訴訟は厳しいです。
しかし、詐欺サイトによる悪質な請求に関しては、あなた以外にも多くの被害者がいるので、ネット上で呼びかけたりすると大きな集団になる可能性もあります。

まとめ

会わずに請求するパターンと、会って請求するパターンがある

詐欺被害だとわかったら公的機関にまず相談する

詐欺が確定したら被害届を出して弁護士に依頼する

詐欺被害に遭遇した場合にどうすればいいかという対処法について紹介しました。

優良出会いアプリを利用していても、誰しもが詐欺被害にあう可能性があるので、念頭に入れておくことが重要です。

出会いアプリによっては、明らかに悪質な詐欺サイトなども存在するので、甘い罠に近づかずに最初から登録しないことを推奨します。

詐欺被害にあった場合は、素早く公的機関に相談して、問題解決するようにしましょう。

-出会い系体験談 割り切り 援デリ 業者, 出会い系アプリ体験談全記事一覧

error: コピー不可

Copyright© 50代、60代でも出会い系アプリで300人とセックス!おすすめアプリと攻略法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.