出会いアプリで確実にセックスできる方法を伝授します

中年オヤジでも出会い系アプリで300人とセックス!おすすめアプリと攻略法

出会い系体験談 割り切り 援デリ 業者 出会い系アプリ体験談全記事一覧

出会いアプリ「キャッシュバッカー」って何?特徴と見極め方法

投稿日:

「キャッシュバッカーについて知りたい!」
「キャッシュバッカーの見分け方は?」

この記事はそういう人向けに書いています。

出会いアプリには、様々なタイプの業者が存在します。
その中でも、素人に扮しており非常に厄介な存在なのがキャッシュバッカーです。

素人の女性が行っているので、かなり厄介な存在です。
優良サイトでも普通に存在し、やっていることはグレーゾーンなので通報しても運営は対処してくれません。

そのため、あらかじめキャッシュバッカーについて知って対策することが重要になります。

そこで、今回はキャッシュバッカーについて詳しく解説していきます!

キャッシュバッカーとは?

キャッシュバッカーは、女性会員を増やす目的で導入された制度です。

しかし、最近では機能面を悪用して小遣い稼ぎに使用している人が多いです。

一般的に、サイト内で男性とやり取りをしたり写メを投稿してアクションをもらうことでマイルがたまっていきます。

そのマイルをためて、現金還元することを目的とした人物のことを指します。

ポイント制を導入している出会いアプリでは、基本的にこの制度を導入しています。

貯まったマイルを交換することで、現金や商品券を獲得するという仕組みです。

本来は、男性会員しかいない出会いアプリで、会員数を増やす目的で行われていたことですが、機能面だけを悪用してサイトを利用している人もいます。

Twitterでは、メルレといってメールをするだけのために登録している人もいます。

1日に3000円~5000円程度稼ぐことができることから、お小遣い稼ぎとして利用している人もいます。

もちろん、こういう人とやり取りをしても出会いに発展することはありません。

厄介なのは、普通に返信をしてくるので、素人の女性だと思ってしまいまます。
しかし、会う約束をしても「まだ早いから」「仲良くなってから」という理由で、断られてしまいます。

また、連絡先交換を申し出ても「ここだけでやり取りしたい」という人もいます。

交換してしまうと、ポイントがバックしないことが考えられます。

非常に厄介な存在なので、やり取りをしているだけ無駄です。

相手にしないことが重要ですが、10年以上出会いアプリを利用している僕でさえたまに引っかかることがあります。

それくらい手口が巧妙化しているので、見分け方も難しく注意しなければなりません。

キャッシュバッカーが生まれた経緯

キャッシュバッカーが生まれた経緯は、二つ存在します。

生まれた経緯

女性会員を増やす目的で導入された

パケット代の負担を減らすため

これらの目的によってキャッシュバッカーが生まれたわけですが、もっともな理由として挙げられるのは、女性会員を増やす目的でしょう。

出会いアプリは、男性会員を集めるよりも女性会員を集めるほうが難しいです。

男性は出会いに期待する人が多いですが、女性は警戒する人が多いので会えるというメリットだけでは、登録をしないからです。

そのため、女性の会員登録の意欲を沸かせるために「利用料を無料にする」「やり取りすればマイルがたまる」といったシステムを導入して、女性に登録してもらえるようにしたわけです。

時代背景もありますが、現在でも女性会員の数は少なく、男性会員が多いというのが現状です。
マッチングアプリだと多少前後しますが、出会いアプリは男性の割合のほうが圧倒的に多いです

二つ目は、ガラケー時代が関係しています。

スマホではなく、ガラケーの時代はパケ放題もありませんし、定額制もなかったのでサイト利用に通信料が発生してしまいました。

通信料がかかれば、女性会員を増やすのは困難です。

その女性の負担を少しでも減らすという目的で、通信料にかかったポイントを一部バックすることで通信料を負担していたという背景があります。

現在では、携帯会社で通信料を支払っているのでそういうことはありませんが、キャッシュバッカーはその名残が残っているということです。

いずれも、女性にとってメリットがある形で生まれたものです。

それが、現代では悪用されていると考えると非常に残念です。

キャッシュバッカーの実態とは?

キャッシュバックシステムは、本来は女性にとってメリットがあることであり、運営からすれば会員数も増えるので良いシステムでした。
しかし、「お金が稼げる」という点だけに着目して、悪用されているのが現状です。

システムだけを悪用して、月に数万円程度のお小遣いを稼ぐ人もいて、会う気が一切ない女性が出会いアプリに蔓延しています。

キャッシュバッカーが増加すると、男性はメッセージをしても会えることはありません。
ポイントを浪費するだけであり、デメリットしかありません。

しかし、あまりにもその実態が悪質ということもあり、運営でシステムが改定されたという背景もあります。

現在は、メッセージ1通当たり10~20円の相場が主流ですが、改定前は100円程度もらえていました。
しかし、そのポイントを激減させることで、キャッシュバッカーとして活動する人を減らしたという経緯があります。

ただ、現在でもキャッシュバッカーをしている人がいるのは事実です。

本来はメッセージだけでしたが、エロ写メを投稿したり日記を書いたりするとポイントがもらえます。

あらゆる手段を使って、稼ごうとする女性が多いのです。

Twitterなどでは、実際にキャッシュバッカーとして活動している人がいます。
経過報告などをしており、会う気は一切なくメールすることだけを考えている人が多いです。

「単価が低くなったからキャッシュバッカーが減った」という人もいますが、実際は全く減っていません。

むしろ、前に比べると増加しています。

これが、キャッシュバッカーの実態です。

キャッシュバッカーの手口と効果的な見分け方

先ほども紹介した通り、どの出会いアプリにもキャッシュバッカーは存在します。
小遣い稼ぎ目的をしている人もいれば、本格的に稼いでいる人もいます。

手口は様々ですが、目立って現れるのは下記の通りです。

キャッシュバッカーの手口

短文で返信してくる

連絡先を交換してこない

会う約束をしてくる

これらの条件に該当したら、相手はキャッシュバッカーなので注意しましょう。

それぞれ、解説していきます。

短文で返信してくる

キャッシュバッカーは基本的に、メッセージをすることでポイントを得ようとしてきます。
やり取りをすれば、1通当たり20円程度もらえるので、100回やり取りをすれば2000円になります。

それを1か月続ければ、6万円になるのでお小遣い稼ぎにはなるのです。

そのため、少しでもポイントを稼ごうとしてくるので、一回の返信を細切れに送ってきます。
相槌だけをして男性からの返信を促そうとしてくるのです。

また、質問形式でメッセージを送ったのに、質問に答えなかったりもします。

こうして、送信数を稼いでいきポイントを獲得しようとしてくるのです。

そのほかには、エロいメッセージを送って男性の返信意欲を沸かせるというものもあります。

相手から下ネタを送ってくることはありませんが、男性に下ネタを送れば返信してくれるというのがわかっているので、下ネタを送ってきます。

そのため、相手が細切れで返信を送ってきたりエロい内容でメッセージを送ってきた場合は、キャッシュバッカーの可能性があるので注意しましょう。

連絡先を交換してこない

キャッシュバッカーは、サイト上でやり取りしないとポイントがたまらないということもあって、連絡先を交換しません。

アドレスを聞いたり、ラインを聞いたりしても断ってきます。

「まだ早いから」「もっと仲良くなってから」「交換はしてないんだよね」と言ってきたら、キャッシュバッカーの可能性が高いです。

しかし、本当に段階を踏まないと教えてくれない人もいます。

連絡先を交換しないからといって、キャッシュバッカーと判断するのは早いです。

ただ、短文でメッセージを送ってきたり、連絡先を交換しないということは脈なしのサインでもあります。

いずれにせよ、やり取りをしていても発展しませんし、別の女性に切り替えたほうが効率的です。

「もう少しメッセージをしたら教えてくれるかもしれない」と思って、メッセージを継続する人もいます。

10通目で聞いて交換してくれない人は、20通目でも教えてくれません。

そのため、同じ10通でも別の女性に10通送ったほうが効率的です。

キャッシュバッカーの手口は非常に悪質であり、会う気を見せないのでやり取りしていても無駄です。

仲良くなったとしても、キャッシュバッカーは最初から会う気はありませんから、連絡先は教えてくれません。

会う約束をしてくる

最近のキャッシュバッカーの手口としてあるのが、会う約束をしてくるというものです。

それも相手のほうから会う約束をしてくるので非常に厄介です。

女性から誘われたら、男性なら思わず誘いに乗ってしまいますよね。

しかし、そこで連絡先を交換してくれない人は、キャッシュバッカーだと判断しても良いです。

全て、サイト上で完結したがる人はキャッシュバッカーの特徴です。

会う約束をすれば、会う前提で話が進んでいきます。

やり取りの回数も増えるので、キャシュバッカーからすれば絶好のエサになるわけです。

そのため、サイト上でいきなり会う約束をしてきた女性は注意が必要です。

中には、会う約束をして当日までやり取りするという人もいます。

当日待ち合わせ場所に行っても女性はいませんし、何か理由をつけられて音信不通になって終わります。

連絡先を交換していない状態で、約束をしてきた場合はその時点で連絡先を切るようにしましょう。

まとめ

キャッシュバッカーの手口や、実態について解説しました。

キャッシュバッカーは素人に扮しているということもあって、非常に面倒な存在です。

普通にやり取りしてくるということもあり、見分けがつかないこともあります。

10年以上利用している僕でも、たまに引っかかってしまいます。

諭吉
キャッシュバッカーは昔に比べると減少傾向にあります!

しかし、それでも被害に遭う人が多いのは事実です!

被害に遭遇しないためには、相手を見極めて早い段階で連絡を切ることが重要です。

肉便器女が多いサイトランキング

ワクワクメール(20代前半の子の割合が多い)

出会える確率と料金体系のバランスのコスパは最高!
更に新規登録で何と1200円分の無料ポイントが貰える!
まずはワクワクワクメールを試してみましょう。

PCMAX 不倫やワンナイ等のアダルト色が強い

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

派手なギャル系の女の子が多いです。
女子大生や不倫目的の人妻等が使うアダルト系サイト
遊びたいという尻軽る女が多いのが特徴!

ハッピーメール 国内最大の会員数 真面目~エッチ系OK

https://happymail.co.jp/?af16560834

ハッピーメールは2000年に開設された累計登録者数1900万人という日本最大級の老舗サイト

大都市から人口の少ない地方都市まで全ての人に対応できる出会い系サイトはここ位です。

4位 イククル

イククル(イクヨクルヨ)は他のサイトより圧倒的に

ギャル系や若い子が多いサイトです。

人妻も年齢的には若い子が多いです。

5位 YYC(アクティブな女が多い)

https://happymail.co.jp/?af16560834

アクティブに活動している女が多い
ガチで会える女が沢山います。

ミントC Jメール(30代以上の人妻、熟女の割合が非常に多い)

設立17年以上!会員登録数600万人超えの老舗出会い系サイト!
福岡が拠点なので関東や関西よりも九州地方の会員数が多めのイメージ

-出会い系体験談 割り切り 援デリ 業者, 出会い系アプリ体験談全記事一覧

Copyright© 中年オヤジでも出会い系アプリで300人とセックス!おすすめアプリと攻略法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.